どんな引っ越しでも、ダンボールを使用するという点では、外すことができません。ダンボールがあれば、荷物をそこに詰め込むことができるだけでなく、新居に持っていく荷物に関して、カテゴリーごとに分類することができるので、使用するだけでメリットを感じるものです。また、自分でダンボールを用意すれば、そのダンボールを使用することができるし、ダンボール代が追加でかかることもありません。

なお、その際に自宅の近くにあるスーパーや飲食店からダンボールをもらって使用するのももちろん大丈夫です。しかし、自分でダンボールを用意しない場合は、引っ越し業者に用意してもらうことになるのですが、この際に気をつけておかないといけないことがあります。では、それはどんなことでしょうか。

引っ越し業者によっては、ダンボールの料金について明確に説明しないこともあります。きちんとした業者であれば、この点についてはお客様が納得のいくまで詳細に渡って説明してくださいます。それなら特に問題はありません。しかし、中にはダンボールの料金について具体的に説明することなく、後で別途ダンボール代を請求してくるような業者も存在します。

このような結果にならないようにするためには、契約書にサインをする前に、ダンボールの扱いや料金の有無について、スタッフから説明を求める方が良いでしょう。そうすることで、ダンボールの料金に関して後になって情報が不明になるということを避けられます。