もし引っ越し業者にかかる料金を少しでも安くしたいと考えているのであれば、引っ越し業者を利用する時期についても考慮してみることも、1つの方法であると言えます。時期については、就職や進学など、どうしても外すことのできない場合は仕方ないですが、そうでない場合は考慮してみるだけの価値はあります。では、どの時期であれば、料金が安くなると言えるでしょうか。

まず最も可能性が高いのは、6月です。この時期は、梅雨の時期でもあり、雨が降る日数の割合も1年の中では高くなります。どんな引っ越しの作業でも、天候は晴れている方がやりやすいですし、逆に雨が降ってしまうと、作業をする際に支障が出てくることは、十分に考えられます。搬入や搬出の際に、雨が降る中行うことになるし、トラックの運転に関しても、スリップがしやすいですから、業者としても細心の注意を払っています。また、それだけではなく、寒暖についてもこの時期は蒸し暑いです。そのため、この時期の引っ越しの作業は、できるだけ避けたいと考える人も多いものです。

その分、料金も安くなるのです。それとは逆に料金が高くなる時期としては、2月、3月、4月などが挙げられます。この時期は就職や転職などの時期とも重なっていますし、その分引っ越しの作業の予約が埋まりやすくなります。そうなると、業者としては忙しいことこの上ないですから、通常と比較しても、料金を高くしないとやっていけないのです。