新しい家に転居が決まった場合に春先の転居となる場合は引越し業者に早めの予約をしておく必要がありますが、この時期は進学や新社会人が増える時期と重なるため、本来なら暇な平日であっても予約で埋まっていることがあります。

相場も年間で最も高い時期となっていて、家族単位で転居することになると費用は数十万円という費用が必要になることがありますが、少しでも負担をかけないためにも安い引越し業者に依頼をして荷物を運んでもらいたいものです。

ちなみに時間帯によってもかかる費用が変わることがありますが、午前中よりも午後が安い場合が多くなっていて、場合によっては時間帯が違うだけで数万円も安くなることがあります。
これは転居する人の身になって考えたらよく分かると思いますが、午前中の間に荷物を新しい家に運ぶことができたら午後からは片付けや近所への挨拶に時間を使うことができ、夜はゆっくりすることができるので昼間の疲れをゆっくりと癒すことができます。

しかし、午後に転居準備をすることになると荷物が運び終わる頃には夜になっていて、片付けや挨拶が翌日以降になってしまうため、引越しに時間をかけたくない人は自然と午前中の転居がよくなります。
そのため、引越し業者は午前中よりも午後を相対的に安くしている場合が多いのですが、引越し業者の中にはフリー便といって時間指定がないお得なプランを用意しているところもあります。