荷物の量が増えれば増えるほど転居先に荷物を運ぶのは比例して大変になりますが、荷物の量というのは転居先に移り住む人数に比例して多くなるのが普通で、一人暮らしの人が引越しをするのとはわけが違います。
これまで住んでいた家から新しい家に移り住む場合は新しい生活を始めるための準備や生活に必要な物を買い揃えること、近所の挨拶や役所への手続きなどかなりの費用や手間がかかることになります。

荷物が多いということで大きなトラックではないとまとめて荷物が運べないという場合は引越し業者に依頼をして転居の準備をする人が多いと思いますが、基本的に荷物を運んでもらう費用というのは荷物量に応じて高くなるため、できるだけ費用をかけたくないのであれば、事前に荷物を減らしておくということも大切です。
最近の引越し業者の中には少しでも費用を抑えたいという消費者が多いことに配慮して、トラックやドライバーだけを貸して荷物の運搬については引越しする人で行うという転居の方法も増えています。

また、世帯の人数は多いものの高齢者や子供が多いという場合は荷物を運んでもらうスタッフも必要になってきますが、そんな中でも費用をできるだけ抑えたいのであれば、世帯引越しプランを用意している引越し業者に依頼するのがおすすめです。
荷物を運んでもらうのにどれくらいの費用が必要になるのかという点については、それぞれの引越し業者によって変わってくるため、事前に比較して選びことをおすすめします。