これまで住んでいた家から新しい家に移り住む場合は荷物を移動させて終わりという簡単なものではなく、住んでいる家から出ていくための手続きを行って、新しく住む家でもこれから生活する上で必要な手続きを行う必要があります。

手続きによっては転居するかなり前から行うことができるものもあるので、退去する日が確実に決まった時点で可能な手続きは済ませるようにしておきたいものですが、後回しにしていると荷造りのタイミングと重なってしまい手続きに時間が回らなくなってしまう可能性があります。
また、引越し業者によっては手続きを代行して行ってくれるところもありますが、手続きによっては本人の確認が必要な場合も多く、いちいち確認をしていると代行してもらっても意味がなく、代行してもらったことに対して支払うお金が無駄になることもあります。

引越し業者に対して支払うお金は荷物を運んでもらうだけでもかなり高いので、できるなら安く済ませたいものですが、そのためにも転居する日が決まった段階で引越しに向けてのスケジュールを作成することをおすすめします。

スケジュールを作成することが面倒だと思う人もいるかもしれませんが、頭で思い描いていることも紙面に書き出してみると全く違って見えることがあります。
また、引越し業者がどれくらいのことを無料オプションで行ってくれるかということも考慮した上で引越しに必要な手続きをするタイミングを決めていきましょう。