これまでお世話になった地域を離れて、新しい地域に移りする場合はこれまで作り上げてきた近所とのネットワークや関係性などがリセットされます。
そうなると、また一から関係を築いていく必要がありますが、最近は人間関係が希薄な人が増えていることもあって、最初から交流しないことを決めて新しい地域に移り住むと言う人も少なくありません。

女性の一人暮らしの場合は防犯面からあえて挨拶をしないというケースも増えていて、この場合は引越し業者が代行してくれるので安心ですが、それ以外のケースだと挨拶するのが一般的と言われています。
特に小さい子供がいる場合や家を建てるという場合は挨拶の重要性も高くなり、転居した後の挨拶はもちろん大切ですが、転居する前の挨拶というのも必要となるため、必ず忘れないように挨拶をしましょう。

ちなみに転居前の挨拶に関しては引越し業者に依頼するというのが一般的な流れとなっており、時間が無い場合は無理に時間を割いてまで挨拶をする必要はありませんが、転居後は手土産を持って挨拶をするのが慣例です。
マンションやアパートなどに移り住む場合の挨拶範囲としては住んでいる部屋から両隣、上の階と下の階が基本となっていて、隣の隣まで挨拶をする必要はないと言われていますが、構造上から必要になることがあるので引越し業者に尋ねると良いでしょう。
最初の印象が大切なので、挨拶する場合は良い印象を持ってもらうように心がけることも大事です。