転居をする場合に一人だけの転居や世帯での転居であっても大きな車がある場合は新居が近所という場合は引越し業者に依頼をしないで自分達で新居に荷物を移すという方法もありますが、これによって本来支払うはずだった引越し業者への支払いはゼロになるため、かなり金銭的な面でのメリットが高くなります。

ただし、自分達で転居先に荷物を運ぶ場合は事故や運搬中のトラブルにおける責任はすべて自分にかかってくるということに気を付ける必要がありますが、これまでに重たい荷物を運んだことがない場合は運び方のコツなどが分からないため、かなり苦戦することが想定されます。

特に気を付けたいのが腰や首などですが、重たい荷物を急に持ち上げると体のあらゆるところに負担がかかるようになってしまい、怪我をしてしまう可能性が高くなります。
これから新生活が始まるという時に怪我をした状態でのスタートはできるだけ避けたいものですが、毎年のように自分達だけで荷物を運搬してトラブルや事故に巻き込まれる人がいます。
重たい荷物が多い場合は自分達でするのではなくきちんと教育されたスタッフが荷物を運んでくれる引越し業者に依頼した方が安心で安全です。

また、引越し業者に対して少しでも支払うお金を抑えたいというのであれば、不要だと感じるサービスを減らすことによってかなり節約することができるので、見積もりをしてもらう場合に確認しておくと後からトラブルになることも少なくなります。